虹の森公園 レストラン遊鶴羽の週替わりランチ

藤の瀬バラ園を堪能して車に戻ると、「お次はどうする?」作戦会議です。

遠出の時は細かいタイムスケジュールを組んで出かけますが、

この日は気楽な日帰りお出かけ。

細かい所は出たとこ勝負。

たまにはこういうユルイ感じもいいね( *´艸`)

 

2人してグーグルマップとにらめっこ。

このまま前進していくと、宇和島方面に出られそうと判明しました。

しかも、そちらの方が山道が短い。

ここから一番近い道の駅 虹の森公園まつのを目指すことにしました。

 

途中、山の中の自販機で紅茶花伝のミルクティーを買いました。

普段、平地で飲んでもこれといった感動はないのですが、

山の中で定番の味に包まれると、スペシャル感満載。

しみじみと美味しく、懐かしい(笑)←もう平地が恋しい(笑)

 

しばらく走って 道の駅虹の森公園まつのに到着。

併設されているレストラン、遊鶴羽の前で今度はメニュー会議。

 

テイクアウトしてテラス席でお弁当をいただくか、店内で食べるか。

はたまた、立て看板にある「週替わりランチ 600円」(安い!!( *´艸`))にするか・・・

 

会議の末、お昼を軽めにして、その後デザートを食べに行く流れに決定しました。

 

というわけで、週替わりランチの目玉焼きとトンカツ(ハーフ)♪

f:id:conakichi:20210514163041j:image

f:id:conakichi:20210514163044j:image

野菜がモリモリ。トマトも甘くて美味しかったです。

 

今年になってトマトを3袋ほど買いましたが、どれも甘かったので、

今年は当たり年かもしれませんね~( *´艸`)

 

ご飯もお味噌汁も美味しかったです。

店内にお米の産地を書いてくれていたのに、忘れてしまいました(;^_^A

 

お店の前の立て看板。

f:id:conakichi:20210514163049j:image

 

虹の森公園は、おさかな館という小さな水族館も併設されていて、

メインの目的地にしても楽しい道の駅です。

 

夫とも結婚前に行ったのですが、ちょうどおさかなクイズのイベントをやっていまして。

おさかな鑑賞そっちのけで、必死にクイズに取り組んだ思い出が( *´艸`)

クイズの景品でもらったのが、小瓶に入ったペンギンの羽。

ペンギンは一度カップルになると、一生添い遂げるらしく、恋愛のお守りになるのだとか。

無事結婚10年目に突入できたのも、あの時のペンギンの羽のご利益だったのかも(?)

存在をすっかり忘れていましたが、感謝の意を表して、ホコリのひとつも払ってやらねばなりますまい( *´艸`)

 

長くなったので、デザート編はまた次回 お付き合いくださいね( *´艸`)

 

藤の瀬バラ園、見頃です

この春、3カ所目のバラ園。

四万十市西土佐にある藤の瀬バラ園へ行ってきました。

 

途中は、なかなかの狭い山道。

いわき食堂の前で「藤の瀬バラ園」ののぼりを見たきり、なんの案内もないまま、

人気のない山奥へと分け入っていきます。

しばらく車を走らせても、ただただ山道。

「この道で合っているのかな?」だんだん心細くなっていきます。

完全に引き返すタイミングも見失ってしまい、

不安を募らせながらも進んでいると、ようやく目印の大宮郵便局が見えてきました。

 

一度、バラ園の前を通り過ぎるとすぐ道淵に駐車場があります。

入り口の料金箱に運営協力金300円を納め、いざ入場。

畑の一角が、色とりどりのバラで埋まっていて、ここだけがぽっかりと別次元の雰囲気でした。

f:id:conakichi:20210513200654j:image
f:id:conakichi:20210513200709j:image
f:id:conakichi:20210513200701j:image

雨上がりの露を含み、瑞々しさが際立つ花々。

先週 愛媛のバラ園に行った時は快晴でしたが、今回は曇り空の下。

花の色の見え方が全く違いました。
f:id:conakichi:20210513200658j:image
f:id:conakichi:20210513200641j:image
f:id:conakichi:20210513200705j:image

快晴の元で楽しんだバラは、光を弾いて明るく輝いていました。

曇り空の元愛でるバラは、花自体が淡く発光しているかのように見えました。

蛍光ペンのように、ぼうっと光るような色合い・・・

色ガラスにキャンドルを灯したような、やさしくて深い色味・・・


f:id:conakichi:20210513200648j:image
f:id:conakichi:20210513200644j:image
f:id:conakichi:20210513200651j:image

日光の加減でこんなにも花の色が違って見えるとは・・・

人間は光の反射で色彩を認識しているんだなあ・・・と、改めて視覚のメカニズムを感じました。

陽の光あってこそ、受容体である自分の体があってこその、この景色の素晴らしさ( *´艸`)

 

もちろん、このバラ園を立ち上げ、花のお世話をし、美しい風景をシェアして下さる運営の方々にも、大感謝です( *´艸`)

あ、山道の運転を頑張ってくれた我が夫にも♪


f:id:conakichi:20210513200637j:image

 

のんびり、曇り空の元。

目黒川のせせらぎに、ホーホケキョと鶯の聲。

花の一輪一輪に向き合い、スマホのシャッターを切る。

たちまち、カメラロールが色とりどりの花で埋まる。

この花を見せたい人達がいる。

さあ、どんな言葉で語り掛けようか・・・

 

うーん、幸せ( *´艸`)

 

幡多地域から、気楽にお出かけできる距離のバラ園。

山道にお気をつけて、ぜひお出かけあれ( *´艸`)

読書記録:井上裕之著『ムダとり時間術』

『ムダとり時間術』。

自分の短所を改善したいなと思って購入しました。

f:id:conakichi:20210513072138j:image

自覚している短所・・・

①「忙しい」「時間がない」を諦める言い訳に使いがち

②「こっちは忙しいんだよ」と人に対してもイライラしがち

改善するには、時間の使い方を学んで、余裕が持てるようになればいいじゃね?( *´艸`)と思ったからです。

 

著者は、最近知ってハマっている、井上裕之さん。

「成長」というキーワードにシンパシーを感じるのです( *´艸`)

 

「私は『成長』というキーワードに当てはまらない時間を過ごしたくありません」

 

と言い切っちゃう井上さん。カッコイイです。

 

人生のミッションを達成するための時間、自分の成長につながらない時間は全てムダだから切り捨てろ、というのが井上さんのおっしゃるムダとり時間術。

 

はいもう、ぐうの音も出ません。

「忙しい」なんてイライラする癖に、ダラダラとSNSを流し見したり、漫画を読んだり、つけっぱなしのTVを見たりしていますね(;´∀`)

全て自分の成長につながらないムダな時間ですぅ。

(恋愛ドラマに胸キュンする時間は許して( *´艸`)この前 横浜流星君の嫁になる夢を見たの~♪♪目覚めたくなかった・・・( *´艸`))

 

1日に何時間もダラダラ過ごしていながら、「忙しい」なんでお恥ずかしい限り・・・

シュンです(;´・ω・)(←使ってみたかった( *´艸`))

 

この本が教えてくれた最大の学びは、

 

使える時間の捉え方をシフトできたこと。

before・・・使える時間=手が空いた時間(ダラダラし終わって、重い腰を上げた時間)

after・・・使える時間=人生のミッションを達成するための時間、自分の成長につながらない時間(私の場合、1日2~3時間はあった)

 

そして、時間に「価値」「意味」を見出すと成長につながるという考え方は、

実感として強く共感しました。

 

数か月前、ある現場の作業改善に迫られ、1スタッフとして毎日機械的な作業をしなければならない状況になりました。

新人のアルバイトでもできる単純作業の繰り返し、目立つことも感謝されることも少ない仕事に、正直言って気が重かったです。

自分が本来するべき仕事も全てストップ。

会社にとっても自分にとっても完全にムダな時間だと思っていました。

 

あまりの虚無感に、どうせやるなら新人アルバイトと同じ仕事でどうする、

どうせなら自分にしかできないことをやらなくちゃ!と逆にファイトが湧いてきました。

(そう考えないと、現場に行くことすら辛かった・・・(;´∀`))

 

私が目指したのは、

①クライアント様からの信頼回復

②信頼回復からの~・・・次の仕事をもらう

でした。

 

まずは、

 

*細かい所までこだわり、仕上がりを良くする

 

とにかく作業改善をして、黙々と取り組みました。

今まで基本の作業すら守れていなかった分、1週間ほどですぐに結果が出ました。

 

次に付加価値をつけるべく、

 

*現場で作業をしつつ、クライアント様のちょこっと手助けをする

 (施設の利用者のご案内、両手がふさがっている方のために扉を開ける、故障個所をピックアップする・・・など)

 

*明るい笑顔と挨拶で、クライアント様に元気をプレゼント

 

*作業姿をショー化する

(人目があるシーンでは、姿勢・テキパキ感・挨拶などを特に意識し、「これは作業ではなく、エレクトリックパレードだ!」と思い込んでやっていました( *´艸`))

 

に取り組みました。

 

有難いことに、

「あなたのおかげで すごく良くなりました!お名前をお聞かせ下さい」

「いつも笑顔ですごいですね!」

などのお褒めの言葉をいただけるように・・・

 

残念ながらまだ新しい仕事はいただいておりませんが、

契約打ち切りになってもおかしくない状況から、

次回も契約の指名をいただけると確信できるところまでは改善できたと自負しております。

 

どんなにつまらなく見える仕事でも、自分次第でチャンスにできると実感できました。

 

井上さんの理論は一見、強者の理論のように見え、

「人生のミッションなんて壮大なことを言われても・・・」と自分に当てはめることを敬遠したくなりますが、

ここで放り出してしまっては、『ムダとり時間術』を読んだ時間が「ムダな時間」になってしまいます(笑)

 

最近気づいたのですが、

 

腑に落ちないのは 実感していないから。

 

なので、井上さんのおっしゃる

 

人生のミッションを達成するための時間、自分の成長につながらない時間は全てムダ

 

という極論(ごめんなさい、私のような一般人からすると極論です(;^_^A)を頭に置いて、行動してみる。

「ああ、ほんとに井上さんのおっしゃる通りだ」と思える小さな体験をしてみる。

その繰り返しで、徐々に腑に落ちていくものだと思うのです。

 

とりま、SNSのダラダラ見と

横浜流星君の夢の種以外のTV番組を排除することから頑張ってみるかぁ・・・

あ、綾野剛君と永山瑛太君にハグされる夢の種になるドラマも見なきゃ(←結局ドラマいっぱい( *´艸`))♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道の駅 よしうみいきいき館のランチとソフトクリーム

しまなみ海道の大島にある、道の駅よしうみいきいき館。

ちょうど昼時になったので、ランチに寄ってみました。

 

狙っていた、今治グルメ、「焼き豚玉子飯」!!

f:id:conakichi:20210507210559j:image

ここで出会えるとは・・・メニューを見るや、即断即決!

 

目玉焼きの下には、厚切りチャーシューが折り重なるようにたっぷり入っていました。

あまりの美味しさにチャーシューを撮影する余裕もなく、完食してしまいましたとさ(;´∀`)

 

想像していたほどこってり味ではなく、薄味の生姜焼きのような甘辛い味付けでした。

脂身の少ないチャーシューに、半熟の目玉焼きから滴る黄身が絡んで・・・

サイコ~( *´艸`)

 

定期的に食べたくなる味です。

今治には焼き豚玉子飯が食べられるお店がたくさんあるようなので、

また次回も焼き豚玉子飯ランチにしよう・・・と心に誓いました。

 

ラーメン大好き夫さんは、ここへ来てもやっぱりラーメン。

特産の鯛を使った鯛ラーメンだそうな。
f:id:conakichi:20210511131313j:image

 

夫氏、デザートに いよかんソフトのミニサイズを所望。
f:id:conakichi:20210507210552j:image

よしうみバラ公園でアイスクリームの形をしたソフトクリームを食べたばかりですが…

アイスクリームの形だったから、ソフトクリーム欲を満たせなかったのかしら?

 

味見させてもらうと、爽やかな柑橘の酸味に 目が覚めるよう。

フルーツ味に目がない彼は、好きなお味だったようでご機嫌でした。

 

お腹に余裕があれば、伯方の塩ソフトクリームを食べたかったのですが、

焼き豚玉子飯のボリュームにノックアウトされてリタイアしました(*´Д`*)

 

以前、大三島大山祇神社で食べた伯方の塩ソフトクリーム。

なんとも言えない 旨みとコクがあり、人生最高のソフトクリームだったのです。

この機会に ぜひもう一度食べてみたかったのですが・・・

でもまたきっとチャンスはあると信じています( *´艸`)

 

海辺に、バリィさんとみきゃんがいました。
f:id:conakichi:20210507210556j:image

記念撮影大好き夫婦なので、こういうサービスは嬉しいです。

しかもバリィさんは3D(ぬいぐるみ)!!

よしうみいきいき館に立ち寄られた際には、ぜひ探してみて下さいね\(^ω^)/

 

瓦のふるさと公園のバラ園

今治市菊間町。瓦のふるさと館という施設があるのですが、バラ園が併設されており、入場無料で公開されています。

 

蔓バラのアーチ。

青空に映えます。

f:id:conakichi:20210508065221j:image

 

大好きなピエール・ド・ロンサールのアーチ。
f:id:conakichi:20210508065218j:image

まだ咲き始めでしたが、日当たりのいい部分は開花していました。

お目当ての品種が拝めて、大満足です。

 

大輪のバラの競演。

f:id:conakichi:20210508065232j:image

小高い丘の上にあり、青空が近く、海も見渡せます。

 

一口にバラといっても、色も形も様々。
f:id:conakichi:20210508065225j:image

 

蕾が開きかけたくらいが、一番美しい姿かも。
f:id:conakichi:20210508065215j:image
f:id:conakichi:20210508065210j:image
f:id:conakichi:20210508065228j:image
f:id:conakichi:20210508065206j:image

 

こんな施設が近くにあったら、毎年通っちゃいますね。

やっぱりバラは素敵です( *´艸`)

 

 

よしうみバラ公園、見頃でした!

 この世で一番大好きな花、薔薇。

5月になると、薔薇を見に行きたくて、ソワソワします( *´艸`)

G.W.も終わり、人出が少なくなった平日を見計らって出発です!!

 

まずは、しまなみ海道の大島にある「よしうみバラ公園」へ。

公園に入ってすぐ、どどんとピンクのバラのアーチがお出迎え♪

f:id:conakichi:20210507175812j:image

足元には色とりどりのミニバラたちが。

 

公園中、色とりどりの薔薇、薔薇、薔薇・・・

f:id:conakichi:20210507175815j:image

f:id:conakichi:20210507175826j:image

f:id:conakichi:20210507175830j:image

 

そこら中、芳醇な香りが立ち込めています。

マスクをずらして くんくん・・・あ~、良い香り・・・癒される・・・

 

こんなに深呼吸をしたの、いつ以来かしら。

真っ青に晴れた空、鮮やかに咲き誇る花、漂う芳香・・・!!

最高の深呼吸です。

 

 

f:id:conakichi:20210507175838j:image

f:id:conakichi:20210507175842j:image

f:id:conakichi:20210507175901j:image

f:id:conakichi:20210507175918j:image

f:id:conakichi:20210507175931j:image

 

 よく手入れされた公園内はゴミ一つ落ちておらず、とても気持ち良かったです。

 

桃源郷、という言葉がありますが、そんなものよりも もっと華やかで艶やかで、心がときめく空間。

 

ここが天国だったらいいのに・・・

 

最期に ここに来るためなら、真面目に生きると神様に誓うわ~( *´艸`)

思わず夫に、

 

「どっちかが先に死んだら、ここを待ち合わせ場所にしようか♪」

 

と提案したほど。

しかし、お互い忘れやすい性分。

ちょっとあてにならない約束です。

 

ところで、ピエール・ド・ロンサールという大好きな品種があるのですが、

開花には少し早かったようで、まだ数個しか咲いていませんでした。

f:id:conakichi:20210507195404j:image

薄いクリーム色の花弁が中心に向かうほどピンク色に染まって、なんとも愛らしい色合いの品種なんです!!

次回は時期を少し遅らせて・・・満開のピエール・ド・ロンサールを狙います!

 

道を挟んだ屋台では、軽食やおやつが売られていました。

すかさず、アイスクリームをゲット。

f:id:conakichi:20210507195502j:image

ほんのり酸っぱいローズヒップと定番のバニラです♪

本当はソフトクリームなんだけど、G.W.に全て売れてしまって、冷凍した分しかなかったそうで…

アイスクリーム仕様にして販売してくれました。

 

薔薇に囲まれたベンチで、アイスクリームを食す。

最高のおやつタイム。

 

公園内に満ちる薔薇の生気はすさまじく。

数ある花弁の一枚一枚を押し広げ、自らを解放するエネルギーに圧倒されました。

その色、香り、姿のどれもが轟くようなエネルギーを放っていて、

訪れた人の顔を輝かせ、笑顔にさせていきます。

俯く人など一人もなく、誰もが薔薇と一緒に心を解放させていて。

 

晴れた空、燕の鳴き声、渡る海風・・・

全てがこの場所を祝福し、一つになって巨大な陽気を奏でている、そんな印象でした。

 

「命の洗濯」を通り越して、

命を薔薇風呂でブラッシュアップさせた気分です。

 

少々交通費はかかりますが、入園が無料という素晴らしさ。

ぜひぜひ、皆さんにおすすめしたいスポットです(^^♪

そして、暑い中 薔薇のお世話をしてくださっていたスタッフさん達に、この場を借りてお礼申し上げます(喜びすぎて、直接お礼を言うのを忘れておりました(;^_^A)。

 

 

 

イオン高知 天丼久助の天丼

皆様、G.W.はいかがお過ごしでしたか?

私は、半分お仕事、半分お休み(自宅待機)でちょうどいいバランスでした。

お仕事は、新規の現場を担当させていただきましたが、新鮮な発見があって楽しいものです♪

ひとつずつ作業を組み合わせて、繰り返す度に要領良くできるようになっていく感覚・・・脳トレのようで面白い( *´艸`)

 

さて本日は、先日 実家に帰った時のお昼ご飯をご紹介します。

イオン高知の天丼久助で天丼。

f:id:conakichi:20210502054730j:image

私にしては、珍しくガッツリです。

一番小さそうなものを選びましたが、お腹いっぱいになる内容でした。

 

手前にのっている ゆで卵の天ぷら!生まれて初めて食べました。

茹でて、揚げているのに、中は半熟のゆで卵。

スゲーッ('Д')と感動してしまいました。

とっても美味しい・・・クセになりそう。

 

主役のエビも良いエビを 良い揚げ方しているな~、と感じました。

一口齧ると、ブリン!!って弾力がすごかった。

そして、エビの香りが濃ゆい。

 

イカも分厚く切ってくれていました。

こんだけ分厚いと、どうせお固いんでしょ?と疑いつつ食べてみたら、

おっと驚きの柔らかさ。

 

お野菜も、ししとう、かぼちゃ、なすが揚げたてアッツアツ。

レンコンもシャクシャクいい歯ざわり。

 

甘辛いタレ(結構甘みが強い)もベストマッチで、最後まで美味しくいただきました。

 

その後、夫の快気祝いを買いに進物の売り場に行ったのですが、そこで今年一番の珍事件が発生しました。

 

会計時、快気祝いの熨斗に入れる名前を記入してくれと言われたのですが、

お店の承り表の欄って、通常は苗字しか入れないからスペースが狭いんですよね。

その狭い欄に、「○○会社 代表取締役○○」と無理矢理書いたんです。

文字が寸詰まりになって、くっついてしまい、読みにくいかな~とは思ったのですが・・・

 

「お熨斗の確認をお願いします」

しばらくして、店員さんが印刷した熨斗をもってきました。

 

どれどれ・・・と目を落とし、

ブホッと吹き出しました(;´∀`)

熨斗には、こう書いてありました。

 

「快気祝 ○○会社 取締役○○」

 

 

と 寸詰まりで縦書きにした為、

と読み違えたみたいです・・・

 

なんじゃい、袋取締役って!!

レジ袋有料化に伴って、そんな役職でもできたんかい!

てか、めっちゃアホっぽい役職やん・・・( *´艸`)

 

いくら読みにくかったとはいえ、取締役の前にくるのは、

代表くらいしか聞いたことないんじゃないかい?

 

「あの、袋取締役になってます・・・代表取締役です・・・」

と店員さんに伝えると、

店員さん、ぴょんっと飛び上がった。

「あっ、なんか変だと思ったんです!」

バタバタ・・・と走り去って行きました( *´艸`)

 

その後、包装が仕上がるのを待つ間も、思い出し笑いが止まらなくて・・・

一人で声を出して 何度も笑ってしまいました。

すっかり不審者です。

 

つくづく、持ち帰る前に気づいて良かったです。

危うくおかしな快気祝いをお配りして、笑い者になるところでした。

 

商品を受け取る際、店員さんがあんまり恐縮されるものだから、

「めちゃめちゃ面白かったです!」と親指を立てて笑いかけたのですが、

店員さんは真っ赤になって逃げていってしまいました(;・∀・)

ありゃ~、恥ずかしがらせちゃったかな(;^_^A

たくさん笑わせてもらって、元気が出ましたよ( *´艸`)

 

その後しばらく、我が家で袋取り締まり役ごっこがブームになりましたとさ♪