福島の特産品(喜多方ラーメンと武者煎餅)

10年に一度の寒波到来。

雪の坂道を半分すべり落ちながら、なんとか現場に辿り着きました。

夫が一緒で良かった・・・

私一人だったら、車がずり下がる恐怖に耐えてアクセルを踏み続ける勇気は無かったな・・・(;・∀・)

 

今月は土佐市に行った1日以外に休日は取れそうにないので、数ヶ月前のネタです。

親戚からもらった、福島みやげの喜多方ラーメン(((o(*゚▽゚*)o)))

麺とスープのセットで、スープは醤油味と塩味が2個ずつ入っていました。

f:id:conakichi:20230106181939j:image

こっちは醤油味。

チャーシューとメンマは市販の物です。

太い縮れ麺で、スープがよく絡みます。


f:id:conakichi:20230106181943j:image

こっちは塩味。

チャーシューは手作りです。

体のためを考えて薄味にしたら、「味のないチャーシュー」と夫に不評でした。

喜多方ラーメンの方は、文句なしに美味しかったです。

こってりとあっさりのバランスがちょうどいい。

 

その後、「味のないチャーシュー」の汚名を濯ぐべく、チャーシュー作りをリベンジしました。

f:id:conakichi:20230106182027j:image

最後まで煮汁を煮詰めたので、今度はしっかり味が染みているのが写真の色でも分かりますよね( *´艸`)

ラーメンは夫が買ってきた乾麺を使用しました。

 

こんなに寒い日はラーメンが美味しいですね。

今日は暖房が効いた部屋にいても、しんしんと足先から冷気が染みてきます・・・

 

もう一つの福島土産、武者煎餅も美味しかった!f:id:conakichi:20230106182025j:image

f:id:conakichi:20230106182042j:image

ピーナッツが大きくて、みっしりとした食感が抜群でした。

この煎餅が美味しすぎて、身近で似た味を探しているのですが、この昔懐かしいしっとりした噛み心地のものにはまだ出会えていないんですよ~(´;ω;`)

近々、ピーナツ煎の食べ比べ記事にする予定ですので、ピーナツ煎ファンの皆様はご期待ください♪

 

 

 

 

あぐり窪川のお土産:豚まんとよしだやの羊羹

先日土佐市に行った帰りに、道の駅あぐり窪川に寄りました。

大人気の大きな豚まん。

f:id:conakichi:20230119221815j:image

併設の自社工場で作っているそうです。

四万十ポークを使用していて、素材の美味しさがぎゅっと詰まった深い味わい。

味付けはあっさりしているので、ぺろっと完食です。
f:id:conakichi:20230119221819j:image

パッケージもかわいい(⌒▽⌒)

欲を言うならば、豚まんの包み紙は2辺が開封している正方形。

そのままカウンターの上に置いて渡されるのは衛生的に・・・?と思います。

豚まんに関してはバイオマスのレジ袋を準備して、袋に入れた状態でお渡しする方が安心だなあと思いました。

豚まんをマイバックに入れるのも衛生面が気になりますしね〜・・・

 

よしだやの羊羹も購入。

f:id:conakichi:20230119221822j:image

「おちょぼ」は一口サイズの羊羹。

一般的な羊羹のぷるんとした食感ではなく、餡子をぎゅっと凝縮したような感じです。

昔懐かしい素朴な味わいで、他に似たような羊羹を思いつきません。

個包装になっているので、手軽につまめて、ついつい手が伸びます♪(´ε` )

 

 

昨夜は、ふろむださんという方の学習効率に関する記事を読んで、衝撃を受けました。

 

要約すると、

 

学生時代にテストの点が良かった人は、自分は頭がいいと思っているが、たまたま効率のいい学習法をしただけである。

 

その学習方法とは、勉強よりもテストを繰り返すこと。

テストでできなかった部分を勉強し、もう一度前回正解した問題も含めて全問テストする。

一度できた問題も繰り返しテストすることで、正解し続ける問題の長期記憶ができる。

 

というものでした。

 

思い返せば学生時代、皆が一生懸命教科書を読んだりノートにまとめたりしている間に、私はワークばかり解いていました。

教科書はカッコ抜きされそうな部分だけを選んで、その部分を記憶する。

 

教科書が説明しようとしている内容を学ぶのではなく、その単元でどのような設問が作られるのか、それを解くには何を覚えればいいのかを逆算していました。

 

「ふろむだ」さんがおっしゃる通り、テストの点が良かったので、自分は頭が良い方だと思っていましたが、たまたま学習法がテストで点が取れる方法にハマっただけ。

決して地頭が良いわけではない事に大人になって気づきました(^◇^;)

 

応用が効かないというか、生きるための地頭力がないんですよね。

夫の口癖は、「お前はどうしてそんなにバカなんだ。頭いい子やったんちゃうんか」です(笑)

 

しかしながら、学習効率を知っているというのは便利なもので。

学習すれば、テストができるようになると知っているので、勉強が苦じゃないんですよね。

合格者率2割といわれる国家試験も、同じ方法で一発合格できました。

まず一冊だけテキストを購入し、一度だけ読む。

それからは、ひたすら過去問を解き続けました。

間違った問題の解説を覚えて、また過去問を解く、の繰り返し。

テキストを学ぶよりも、過去問の解説を理解する方が点数に直結する。

 

運転免許の筆記試験も同じですよね。

資格試験は設問の文章にクセがある。

そのクセに慣れること、出題の仕方に慣れることをすれば、正答率は上がるんです。

 

長年体感的には分かっていたけど、明確な言葉にはできていなかったことを、「ふろむだ」さんが論理的に説明してくれていてスッキリしました。

昨夜はそんな発見があり、一人興奮していたのでした。

 

四万十珈琲 アピアさつき店のモーニング

昨日は、アピアさつきの店内にある「四万十珈琲」さんのトーストモーニングを食べました。

f:id:conakichi:20230123065121j:image

半年くらいご無沙汰していた間に、廃止されていたコーヒーゼリーが復活していました( *´艸`)

 

いちごジャムも、パキッと二つ折りにする容器に変更。

こちらはバターとジャムが半分ずつ入っているタイプではなく、全面ジャムが入っているタイプの容器。

なので、ジャムたっぷりなのが嬉しいです♪

厚切りトーストが2枚付いてくるので、1枚はいちごジャムで、もう1枚はバターシュガーでいただきました。

(このお店は、トーストの脇に白砂糖が添えられている幡多の伝統スタイル!)

 

お値段500円で、このボリューム。

さすがです。

また通っちゃう・・・

 

昨日は、お片付け講座に参加しておりました。

講師の先生曰く、

「お片付けは判断力を鍛えているんです。」

とのこと。

片付けって、完成形をイメージする力とそれを形にしていく創造力が必要なんだよね。

 

片付けは得意ではないのだけれど、その必要性はものすごく感じています。

仕事でも家事でも、片付けは効率化に直結しているので、なるべく動線を最短でルーティン化してしまいたいのです。

そんで、自分の時間を確保して好きなことをするんだ~(*´ω`*)

 

あと、片付けが上手な人って、仕事もデキるので憧れちゃう。

片付け上手な人は、仕事の先の先が読めているんですよね。

この先どうなるか、お客さんはどうしてほしいか、上司はどうしてほしいか、全体が見えている。

 

仕事がデキる人は、面接の段階から、実際に自分が仕事をしている状態をイメージして「こんな場合は、どうするの?」という質問を具体的にしてきます。

教えられていなくても、自分から能動的に動こうというガッツがあります。

「やってみないと分からないので、特に質問はありません。」という人は、ハナから教えられた事しかやらないつもりの人。自分ができていないことにすら気づかないタイプ・・・

 

どんな仕事も、最終的には片付けになっていくと思いません?

仕事力=片付け力。

また、生活力=片付け力とも言える。

 

自分に必要な物を取捨選択して、カテゴライズしてラベリングする。

そうしていつでも使えるようにする。

これって、学習と同じ。

スキルアップや経験値を積む方法も全く同じ。

つまりは、生きていく力であり、仕事をする力だと思うのです。

 

あ~、片付けできる人ってかっこいいな~( *´艸`)

片付けを本格的に学ぶことが、今年の目標の一つなんです。

モチベーションは十分上がったので、あとは行動あるのみですね♪

 

話は変わって、いつかのおやつ。f:id:conakichi:20230123065114j:image


f:id:conakichi:20230123065118j:image

仕事が立て込むと楽しみを感じる時間が減りません?

そんな時はおやつで幸せ感をチャージします。

もっぱら今の悩みは、山奥の現場にどんなおやつを持ち込むかです(∩´∀`)∩

 

ほっともっとの中華あんかけご飯

2週間くらい前のこと。

久しぶりにモーニングに訪れたお店。

住宅街にある隠れ家的な感じで、いつもゆったり過ごせるお店なのですが、メディアで取り上げられたりしたのでしょうか?

店内はほぼ満席。

 

一人店を切り盛りされている女性が「申し訳ありません、だいぶお待たせするんですけど、大丈夫ですか?」と、おっしゃいます。

特に急いでいなかったし、他のお店に移動しているとモーニングタイムを過ぎてしまうし・・・「大丈夫ですよ」と答えたものの、私は見逃さなかった。

その瞬間、女店主の目に「勘弁してくれよ」という絶望の色が走ったのを(笑)

申し訳なさそうに小さくなって調理場に戻って行く彼女。

なんだか気の毒になって、「やっぱりまた来ます」と店を後にしました。

 

さあ、どうしよう。

モーニングは時間的に諦めるしかない・・・そうだ、通りがけに見た、ほっともっとの「中華あんかけごはん」ののぼり。

久しぶりに中華あんかけが食べたい。

という訳で、買ってきました。

f:id:conakichi:20230120201912j:image

 

ご飯と中華あんを別々の容器に入れて渡してくれます。

どっちもあっつあつ!!

 

スナップエンドウやタケノコなどいろんな野菜が入っているのが嬉しいです。

味は、ほっともっとらしい優しい薄味。

ほっともっとのメニューって、全体的に薄味ですよね。

健康に良さそうで有難いけれど・・・もっと中華ダシがガツン!と効いたパンチのある中華あんかけが食べたいな・・・と思ったことでした。

 

そういえば、いただいた白菜が大量にあります。

そいつを使って中華あんかけご飯を作ろう。

 

夫がちょうど買い物に出ていたので、シーフードミックスをリクエストしたら、エビ・イカ・あさりが入ったものを買って来てくれました。

豚肉も追加して、うん、良いダシが出そう。

 

ニンニクと生姜を加えたゴマ油で具材を炒めて、トリガラスープの素とオイスターソースは多めに入れて、パンチのある味を目指します。

醤油、みりん、砂糖、白だしはご愛敬程度に加えて、味を整えて・・・

 

「とろみはトロットロにしてくれや」と、夫がフライパンを覗き込みます。

そうやね~、今日は寒いから、熱々トロトロの火傷しそうな中華あんがいいね。

片栗粉マシマシで・・・

 

中華ダシ濃いめのあんかけご飯、完成しました。

f:id:conakichi:20230120210951j:image

ちなみに、白米は夫より2倍多く入れました。

最近は特に、良く動くので良く食べます。

 

意識高い系の方が、「食べない方がエネルギーに満ちて動けるの」とか言っているのを耳にしますが、意味が分かりません・・・(;・∀・)

消化にもエネルギーを使うから、というのがその理由だそうですが、食べないと単純にお腹が空いて動けないんですけど~(*ノωノ)

燃費が悪い、不経済な体なのかもしれません(^^;;

 

親戚から、茨城名物をいただきました♪f:id:conakichi:20230120201915j:image

この干し芋、びっくりするくらい甘くて美味しい。

こんな干し芋は、高知では食べたことないな~。


f:id:conakichi:20230120201909j:image

一粒が大きな栗のお菓子。

比較対象がないので分かりにくいですが、このサイズはなかなかです。

夫と高そうな大きさやねえ・・・と恐縮しながらいただきました。
f:id:conakichi:20230120201905j:image

落花生も。

茨城県の名産って納豆くらいしか知りませんでしたが、色々とあるんですねえ。

遠い地に思いを馳せながら、美味しくいただきました。

ごちそうさまでした♪

土佐市 割烹松尾のランチ

実家から「文旦と安納芋を受け取りにおいで」とお誘いがあったのですが、お休みが一日しか取れなかったので、途中の土佐市で家族と合流しました。

土佐市観光協会でも紹介されていた、「割烹松尾」の「シェフの気まぐれランチ(日替り)」。

f:id:conakichi:20230118141938j:image

この日のメインは生姜焼きでした。

f:id:conakichi:20230119215334j:image

彩り、盛り付け、味付け、全てが丁寧で豊かな気分にさせてもらえます。

新鮮な生姜をすりおろした生姜焼きは、香りが立っていました。

ツヤツヤの白米が進む・・・( *´艸`)

 

中でも茶碗蒸しが、ほんのりやさしい風味で格別でした。

お味噌汁も美味しくて、さすが「割烹」。

本格和食を堪能させてもらいました。

 

お味噌汁と言えば、毎日のお弁当用のお味噌汁。

朝は時間がないのでインスタントを使っていたのですが、消費期限の迫ったお味噌を使い切りたくて、最近は手作りしています。

かつおを一つまみ入れるとグッと美味しくなりますね!

ネギや白菜を切って冷凍して置けば、そのまま鍋に放り込むだけなので、手間もかかりません。

ズボラするための工夫は楽しいですね〜♪

 

ご近所さんから、赤ちゃんくらいの大きさの白菜を一玉まるまるいただいたので、明日は朝からロール白菜を仕込んで置こうと思います( *´艸`)

朝ご飯とお弁当を作るついでに、夜ご飯も仕込んで置けば、一日の洗い物が楽になる~\( 'ω')/

まな板や包丁をその都度使っては洗うのが面倒なのよ~(笑)

 

なんかさ、朝はやる気があるんだけど、夕方から夜になると何もかも面倒になるのよね。

疲労の原因はほとんどが「脳の疲労」と聞いたことがあります。

人間は一日に35,000回も意思決定をしているのだとか。

そりゃ~、夕方になるほど疲れるわ(;´∀`)

明日の自分にできるだけ楽をさせてあげるべく、ズボラできるところはどんどんしていくぞ~!

 

小さなズボラだけど、靴下も同じシリーズで揃えて、洗濯物を畳む時にどの靴下とでもペアにできるようにしています。

(夏バージョンと冬バージョンあり)

もし片方が破けても、無事な方まで捨てなくていいので節約にもなるし♪

ただ、温かくて厚すぎない(靴がきつくならない)ちょうど良い靴下にまだ出会っていないので、まだ見ぬベストパートナーを探して、ちょいと浮気するかもしれません。

 

今日は前々からやろうと思っていた積み立てNISAをやっと開始しました。

口座開設やら入金手続きやら、慣れない作業で私にとってはなかなか大変でした。

えっちら、おっちら時代の流れについていかないと何もできないですもんね(;^_^A

今年中にはZOOMも使ってみるのが目標です\(^o^)/

中土佐町 「風工房」の苺シフォンケーキ

一人ゆっくりおやつタイムをしたくて、中土佐町の「風工房」さんへ。

一番人気の苺シフォンケーキとブレンドコーヒーをいただきました。

f:id:conakichi:20230118075651j:image
f:id:conakichi:20230118075654j:image

ふわふわのシフォンケーキ。

とっても大きいので、欲を言えばもっとクリームの分量があると嬉しいな・・・( *´艸`)

 

先日の「カフェ・ド・梵」さんのシフォンケーキ以来、シフォンケーキの美味しさを再認識しました。

そう言えば、愛媛の「苔筵」さんの米粉シフォンケーキや、高知市の「ジョエル」さんのシフォンケーキなど、過去にも感動したシフォンケーキがあったなあ。

さらりとシンプルな印象のシフォンケーキ。

それだけに、食感やクリームとの相性が際立ちます。

う~ん、奥が深そう。

食べ比べをしてみたいな( *´艸`)

 

f:id:conakichi:20230118075644j:image

「風工房」さんには、他にも苺スイーツが色々。

苺ザーネとショートケーキが気になるので、また次回( *´艸`)

f:id:conakichi:20230118075647j:image

ドリンクとセットで、50円引きしてくれます。

 

年度末の繁忙期に向けて、前倒しした仕事が少しずつ始まりました。

来月の梅見休暇は死守したい!

今から一ヶ月ほどはノンストップで頑張ります。

来週辺りからまた寒くなりそうですので、皆様ご体調に気をつけてお過ごしくださいね(^o^)/

雪松の餃子

四万十市の駅前に、餃子専門店の雪松ができました。

夫が「美味しい餃子らしい」と噂を聞きつけ、買って来てくれました。

f:id:conakichi:20230107191237j:image

 

冷凍餃子なので、いつでも好きな時に食べられるのが便利です。

ニトリのフライパンは蓋が透明で中身が見えるので、調理がしやすい。

焼き上がったらフライパンのまま食卓に運んで、取っ手を外せば保温ができる大皿になるので超便利(((o(*゚▽゚*)o)))

 

私の方が帰宅時間が遅いので、帰宅と同時に夫が餃子に火を入れます。

大慌てで洗濯物を取り込んで仕分けたら、「あと5分で焼き上がる」とのこと。

 

猛スピードでキャベツとトマトを切って食卓へ。

最近アマニ油を摂り始めた夫。

アマニ油とポン酢を食卓にスタンバイしてくれていました。

サラダにそれらをかけたところで、餃子が焼き上がりました。

 

ここでタイムオーバー。

我が家は熱いものを熱いうちに食べないと、怒号が飛んできます。

もう一品作るのは後にして、「いただきます」と手を合わせます。

フライパンから一個取って、かぶりつくとまあ!

すんごいニンニクが効いていて美味しいです。

このフレッシュな辛さ、冷凍されていたなんて信じられません。

皮もモチモチで美味しい・・・

手作り餃子にはちょっと自信がありましたが、あっさり白旗を上げました。

(でも悔しいから、今度はもっとグレードの高い皮を買って手作りしてみようかとリベンジを企てています。)

 

美味しい餃子に満足したら、フライパンを軽く拭いて、これまた夫が買っていた厚揚げを拝借して焼きます。

片面焼けたらひっくり返し、とろけるチーズをのせて蓋をします。

チーズがとろっとしたらお皿にとって、花鰹をこんもりトッピング。

お好みでポン酢か出汁醤油をかける。

私は白米もスタンバイ。

1日働いたら、白米もないとお腹がはらない(^◇^;)

 

着痩せするタイプなので、夫よりたくさんご飯を食べると言うと、皆に驚かれます(^^;;

見えないだろうけど下腹えぐいよ♪(´ε` )

 

なんか、冬ってご飯が超美味しくないですか?

寒いから体がエネルギーを欲しているのかしら。

何を食べても「うんめ~( *´艸`)」ってなる(笑)

幸せなことです♪

 

みかんやら干物やら色々くれる取引先様がいるのですが、今回は干芋をいただきました。

f:id:conakichi:20230107192011j:image

みっしり重たいほど詰めてくれました。

2パックもいただいてしまった・・・

柔らかくて甘いお芋です。

美味しいものを作れる技を持っている人って、尊敬してしまう。

 

そしてこれは余計なお世話なんだけど、看護や介護に関わる方のご飯がインスタントやコンビニ飯ばかりなのが気になって( ;∀;)

ハードでストレスも多いお仕事だからこそ、栄養があって美味しいご飯を食べてほしいと思ってしまう。

人の心配をする前に、お前もな、って声が聞こえてきそう(笑)

しっかり食べて、ちゃんと眠って元気に冬場を乗り切りましょうヾ(≧▽≦)ノ