愛媛県松野町 虹の森公園まつの のレストランでカツ丼

ぽっかり空いた休日に、すかさずノープランで出かける。

ゴロゴロ、ダラダラしている暇はありません。

ゲッターズ飯田さん曰く、銀の鳳凰座の私は「今年は人生で一番遊ぶ年になる」そうなので、自ら当てに行っています( *´艸`)

 

ノープランなので、気楽に出かける準備をしていたら、出発が10時過ぎになってしまいました。

プランがしっかり立っている時は、いつも7時出発なので、私たちにとってはかなりの出遅れです。

 

どこか目新しいところでランチにしたかったのですが、出発が押したせいで、愛媛県の松野町に差し掛かったところで腹の虫が騒ぎ始めました(;^_^A

もう、目新しくなくてもいい、何か食べさせて~!

 

ということで、去年もランチをした虹の森公園まつののレストラン、「遊鶴羽」へ飛び込みました。

 

前回は日替りランチにしたのですが、今回は大好物のカツ丼にしました。

f:id:conakichi:20220124202130j:image

お味噌汁とお新香がセットで付いていました。

つい2週間前にも、あぐり窪川のレストラン「風人」でカツ丼を食べたんですけどね。

つい最近まで「女子(という年齢でもないか(;´∀`))らしくない」とか「カロリーが・・・」とか言い訳して、好物と認められなかったカツ丼を、2週間前に好物認定してしまった訳です。

 

もう好きな物に言い訳しない!

槇原敬之さんも歌っていたではないか。

♪「好きなものは好き!」と言えるきもち抱きしめてたい♪って。

♪僕が僕らしくあるために♪大事なことらしいですから( *´艸`)

 

2週間前に同じメニューを食べたからこそ、両者の違いがよく分かりました。

こちらのカツ丼は、甘めのダシで優しい味わい。

お肉も脂がのっていてジューシーで柔らかい。

カツも火傷しそうなほどアッツアツで、揚げたてだということが伝わってきます。

文句なしに美味しくて、万人ウケしそうなカツ丼でした。

 

対して、あぐり窪川で食べたカツ丼は本格派の大人の味。

塩気がきいた濃いめのダシは、男性ウケしそうです。

お肉は柔らかいのですが、しっかり弾力があって、豚肉の味と香りが濃く感じられました。

野性味があるというか、肉肉しいというか。

カツにされてなお、卵で閉じられてなお、豚肉の主張が負けていなかった。

四万十米豚あっぱれです(≧◇≦)

 

夫は、安定のちゃんぽんを食していました。

彼曰く、「最近食べたちゃんぽんの中で一番美味かった。ただ・・・冷凍食品のちゃんぽんに味が似ているのよね。ほら、冷凍食品のちゃんぽんって、美味くて皆大好きじゃん?美味くて、特徴がないのよね~」

ああ、なんとなく分かります。

カツ丼も美味しくて皆大好きな味でした。

夫にも味見してもらいましたが、「うん、美味しいやん!」と言っていました。

 

でもこれって、めっちゃスゴイことですよね?

皆大好きな、万人ウケする味を、熱々で提供してくれるお店。

間違いなしじゃないですか?

他のメニューもきっと美味しいはずです(´▽`*)

 

私達が早めのランチをしていると、よちよち歩きのお子ちゃまとお母さん、お爺ちゃんお祖母ちゃんの家族連れが入店してきましたが、お店のチョイス、正解だと思います。

きっと皆が美味しいと言いながら食べるはず。

 

という訳で、また伺うと思います。

家に帰って、メニューの写真を眺めていたら、料理名と金額の間に何やら丸いマークが入っていました。

f:id:conakichi:20220124202124j:image

食物アレルギーの表示でした。

アレルギーの方を思いやる心遣いに、ほっこりさせられました(*´▽`*)

 

身の回りに溢れている優しさに、人は意外に気付けないものですよね。

今年はたくさん、優しさに気づいていける自分になりたいものです。

 

誰かの言動にイラッとさせられたとしても、その人は「良かれと思って」したのかもしれない。

自分のして欲しい事と相手がしてくれた事が違う時、ついつい「なんでそんなことしするの!」って腹を立ててしまうんですよね~。

逆に、自分が「良かれと思って」したことが、相手にとっては親切ではなく、迷惑になってしまうかもしれない。

 

こう考えるようになってから、人間関係のストレスが減りました。

誰かにイラっとしても、「待てよ、この人はこうした方が良いと思ったからやったのかも・・・」「ああ、こういう風に考えて行動するタイプの人なのね」と相手への理解も広がります。

ゆくゆくは、その人に応じた言葉や行動を選んで、コミュニケーションを取っていけるようになりたいなあ・・・

と思います。