読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮根の季節到来(*^ω^*)

ダイエット

寒くなって、蓮根が出回ってきましたね。

 

蓮根というと煮物のイメージしかなかったので、筑前煮に入れたりする程度だったのですが・・・

薄くスライスするとささっと炒められるので、時間のないランチにも最適。

ほんのり甘くて癖がなく、サクサクした歯ごたえで、美味しいんですよね♪

 

f:id:conakichi:20161107190125j:image

今日は蓮根に海老、舞茸、ブロッコリー、人参を加えて炒めてみました♪

 

あと、これも美味しくておすすめです。

f:id:conakichi:20161107190141j:image

蓮根と舞茸の上に豚肉をのっけて蒸す→ブラックペッパーとオイスターソースで味付け。以上。

 

 油を使用しなくても弱めの中火で蒸せば、豚の脂がまわって焦げ付きません。

超簡単レシピとは思えない美味しさで、実家の母にも大好評なのです。

 

冬が近づいてお肌も乾燥するので、最近は潤い食材を意識して摂るようにしています。

 

季節特有のお悩みを解決する食材を探していくと、自然と今が旬の食材になっている。

体もそれを欲しているので、なおさら美味しいと感じる。

自然の不思議。ありがたさ。四季のある日本がやっぱり大好き。

 

蓮根はお肌の潤いや再生に一役買ってくれるお野菜。

ビタミンCはレモン果汁並みにあります。

主成分であるでんぷんの効果で、加熱してもビタミンCが壊れにくいのも嬉しいですね。

 

蓮根に含まれるビタミンB12は赤血球の生成を助けてくれるので、貧血予防にも効果的。ビタミンCも鉄の吸収を高めてくれるし、タンパク質から血液を作るのに必要なビタミンB6も含まれています。

 

なので、タンパク質と一緒に調理すれば、貧血や冷え症対策にもってこいですね。

 

アンチエイジングに効果のあるタンニンも含まれていますよ~(^-^)

 

タンニンといえば、コーヒーや柿、栗などに含まれるポリフェノールの一種。

カロテンが変化したものなので、赤や褐色ものをイメージしていたのですが、

蓮根は白っぽいですよね。

あれ?と思ったら・・・

蓮根の切り口って茶色く変色しますよね、アレがタンニンらしいです。

は~、納得。

 

ちなみに、水煮された状態で売っている蓮根は、漂白されている場合もあるのでご注意を。

 

肌断食を始めて2度目の冬。

今年は食べ物にも気をつけて、体の中からも乾燥対策 頑張りたいです(๑>◡<๑)