読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お弁当をチンしないと良いことがある!

今日は 手抜きして、宿毛のスーパー くりはらで 「煮物がおいしいお弁当」をゲット。

筑前煮、高野豆腐、かぼちゃの煮物、ひじき と いろいろな煮物が入っていましたが、どれもちょうどの味付け d(^_^o)

野菜嫌いの旦那もパクパク食べてました。メインは 鯖の味噌煮と厚焼き卵。

和食好きにはたまらないラインナップです(^ ^)

 

f:id:conakichi:20160905210150j:image

 

以前は スーパーで働いていたので、週に5日は ランチに惣菜コーナーのお弁当を食べていました。毎日毎日 レンジでチンして。お弁当は 温めるものだと何の疑いもなく思っていました…

 

けれど最近あることを知ってから、お弁当はチンしない派になりました。それは 温かいご飯よりも冷やご飯の方が太りにくいと知ったからです。

 

ご飯の主成分である でんぷん は 冷めていく過程で、レジスタントスターチという人の小腸では消化されない成分に変化するのです。「レジスタント」とは「消化されない」と言う意味で、「スターチ」は「でんぷん」のことです。

 

加熱されたデンプンは 小腸に届くまでに吸収されるのに対して、レジスタントスターチになると 大腸まで運ばれて排出されるのです。

レジスタントスターチになると、あたたかいご飯の半分のカロリーになるらしいですが、単純に 同じカロリーで倍量のお米を食べられる…というわけではなく…

レジスタントスターチとなるのは全体の15%程度らしいので わずかな差ではありますが。

塵も積もれば山となる。コツコツと積み上げていけば 必ず成果が現れます!

 

それに、冷やご飯は あたたかいご飯より固いので、よく噛まなければなりません。よく噛むという事は満腹感を得ることにつながります♪

 

やってみると、チンしないお弁当って メリットが結構あるんです(^ ^)お弁当は いろんなおかずが入ってますよね。チンすると あったかい漬物や あったかい酢の物など 謎な食べ物ができちゃう。揚げ物はフニャフニャになるし、肉や魚の下のキャベツやレタスなんかは、もう シナシナのベチャベチャ…( ;  ; )

おかずは チンしない方が 絶対美味しいです!

 

というわけで、今日もチンしないお弁当を堪能しました〜(^_^*)